Questions? +1 (202) 540-8337 Login
Trusted News Since 1995
A service for music industry professionals · Thursday, October 18, 2018 · 465,499,725 Articles · 3+ Million Readers

アメリカSXSW南方音楽フェスティバル『台湾の夜』時間過ぎても解散せず、ファンは最後までとことん盛り上げます!

文化部ビデオ及びポップス主催、SXSWオフィシャルキュレーション部門が力を入れて推薦した台湾を代表する六組の出演者は:呉建豪、熊仔、桑布伊、落差草原、鹿比吠陀及びSonia Calicoである。アメリカ時間12日夜、オースティンにある有名パフォーマンス会場Elysiumにて、六時間にも及ぶ『台湾の夜』を行った。

AUSTIN, TEXAS, AMERICA, March 19, 2018 /EINPresswire.com/ -- 文化部ビデオ及びポップス音楽産業局主催、SXSWオフィシャルキュレーション部門が力を入れて推薦した台湾を代表する六組の出演者は:呉建豪、熊仔、桑布伊、落差草原、鹿比吠陀及びSonia Calicoである。アメリカ時間12日夜、オースティンにある有名パフォーマンス会場Elysiumにて、六時間にも及ぶ『台湾の夜』(Taiwan Beats showcase)を行った。

10万名を超えるファンと参加者が集うこの世界的に最も有名な『アメリカSXSW南方音楽フェスティバル』の音楽パフォーマンスは、アメリカ時間12日に正式に幕を開けた。『台湾の夜』は、初日国家の夜のハイライトである。開演前の国際マスコミ発表会では、地元のベテランメディア人であるRob Campanellが司会を担当し、ヒューストン駐在オフィスの陳家彦処長、テキサス州市議員Jimmy Flannigan、テキサス州音楽オフィス代表Brandon Anthonyなどが出席、祝辞を述べ、共にパフォーマンスする台湾のアーティストたちにエールを送った。

その夜の演出は、台湾電子ダンス曲を広めたDJ「Sonia Calico」がオープニングをつとめ、多管変換街灯を駆使し、視覚と聴覚をも震撼する音楽を披露。その後、魅惑的な電子音楽を引き立てる女性の声をプラスした「鹿比∞吠陀」、及び多様なパフォーマンス概念を融合した実験楽団の「落差草原」が次々登場。また、『ゴールデン賞』に数部門ノミネートした「桑布伊」は、天籟の如くに歌い上げ、音楽会全体をノスタルジアの世界へ引き込む。

先に共演のヒップホップミュージシャンが場を盛り上げたあと、「台湾ヒップホップゴッド」大支とSXSWで共演した「熊仔」は、この度大役をつとめ、登場すると直ちに非凡で極速な饒舌テクニックを見せる。取りをつとめる呉建豪は周囲の期待を裏切らず、ファンの歓声の中で登場し、長年国際舞台とシアターで積み上げた経験と、中国語英語を流暢に使いこなせる先天的な優勢を存分に使い、超非凡な舞台魅力を発散。

この夜通しの「台湾の夜」は、時間が進むに連れ熱狂し、ファンの勢いを止められず、演出は終了予定時間の深夜2時を越えても終らない。SXSWキュレーション部門及びその夜、長時間SXSWのパフォーマンスを見ていた演出総監James Minorらは、台湾アーティストが現地の人々を魅了する驚きの底力を目の当たりにした。

その他のSXSWアメリカ南方国際音楽フェスティバルの最新情報及び演出状況は、同時に大京芸術オフィシャルファンサイトにて更新します(facebook.com/gca3nt)。どうぞそちらで最新ニュースを検索してください。


マスコミ窓口:
指導部門:文化部
主催部門:文化部ビデオ及びポップス音楽産業局
請負部門:大京芸術創新有限公司(GCA Entertainment

Tony
GCA Entertainment
+886 958-260-861
email us here

Powered by EIN Presswire